忍者ブログ
ガンバ大阪サポーターの独り言
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もっとこう、スッキリ勝って欲しかったです。
天皇杯の初戦が難しいのは分かるんだけど、それでも昨季リーグ覇者としての格の違いを見せ付けたかった。
ですが、内容はともかく勝てた事はリーグにも繋がると思います。

スタメンは清水戦からマグノ→中山に代わっただけで、西野監督の明言通りベストメンバーだった。
フェルは今回もベンチ外で、現在のベストメンバーの一員では無いと明確に示された形になってしまいました。
フェルの事だから大丈夫だと思うけど、拗ねちゃったりしてないか心配です。
ここで腐らずに頑張って欲しい。

慢心からなのか、前半は全体的にグダグダでした。
チャンスは何度かあったんだけど決めきれない。
その間に先制点を許す始末、しかも綺麗な流れの中からのゴールでした。
逆転する自信があるからなのか、それでも選手達は下を向く様子は無かった。
前半終了間際にその自信は結果となって現れ、二川のミドルが決まり1-1。
そのゴールと同時に前半終了。
現地では笛が吹かれたタイミングがゴールの前か後かハッキリしなかったので一時騒然となりました。
少したってGビジョンに1-1と表示されて、ようやく安心してハーフタイムへ。

播戸が一度担架で運ばれたけど大丈夫なんだろうか。
試合後の西野監督のコメントによると、明神もどこか痛めたらしい。
リーグに影響が無いことを祈るばかりです。

後半は前半に負傷した播戸と明神に代えて、マグノと前田を投入。
橋本ワンボランチの4-4-2へとシステムを移行して臨んだ。
現地で見ていると4-3-3っぽいかなと思っていたのですが違ったらしい。
このシステム変更で後半はガンバらしさを覗かせるようになり、ボールも良く回るようになったと思う。
が、やはり中々チャンスを決めれず、ゴール前の混戦から家長が押し込んでのゴールだけに止まり2-1と逆転して試合終了。
このゴールもオフサイドだったのかゴールなのかハッキリしなかったので一時混乱してました。

もっと点差をつけて完封したかったけど、現実はそんなに甘く無いという事ですね。
けど、これで清水戦に続いての勝利で2連勝。
良い流れを維持してリーグ戦に臨めるかな。

天皇杯5回戦の相手は広島に決定したそうですね。
やはり、9月9日のダービーが本当にラストダービーだったという事ですな。
5回戦も休みが取れたらユニバーまで乗り込もうと思います。

しかし今日はガラガラでした。
3000人ぐらいだったんじゃないでしょうか。
そんな中でも湘南サポの方が予想以上に遠征に来られてました。
声も結構出てたし、やるなあ。
そういえば、自分達の声がアウェイ側にどんな風に聞こえてるのか、ってのは気になります。
万博のアウェイ側なんて一生行く機会無いだろうしなあ。
けど、俺達はアウェイ側に向けて声を出してる訳じゃないしね。
もっと選手達に伝わる応援を心がけていこうと思います。
PR
COMMENT WRITE













COMENT
TRACKBACK
この記事にトラックバックする:
ナビスコ杯決勝をテレビ観戦
G大阪、湘南戦直前 4日の天皇杯湘南戦(万博)に向けて、万博練習場で前日練習。 その前にはチーム全員でナビスコ杯決勝をテレビ観戦したそうだ。 前半だけ見て練習を始める予定だったのに終了まで見届けたのだとか。 宮本は「みんな、優勝することへの意欲がわいたと思う。 天皇杯は初戦が難しい。気を引き締めたい」と話した。  細かい事は覚えてなかったのですが、データでは前回大会は初戦で横浜FCに苦戦。 2点先制され、何とか同点に追いつき、PK戦の末に勝った。 今回もJ2の湘南。 西野監督は「...
URL 2006/11/04(Sat)21:27:29